アタマジラミの完治が難しい理由とは?

 

アタマジラミの完治で最も難しいのが『卵』の問題です。

 

アタマジラミの成虫は比較的簡単に退治できますが、卵は殻が硬いのでなかなか駆除が出来ないのです!

 

そのため、アタマジラミの卵まで殺虫して完治するとなると、1週間~2週間くらいは覚悟をしないといけません!

 

そして、アタマジラミは掃除嫌いな人がなってしまうと、大変です!

 

というのも、アタマジラミ自体は、スミスリンシャンプーや櫛で駆除することができますが。

 

床に落ちてしまったアタマジラミや、シーツや枕カバーについたアタマジラミを、ちゃんと掃除して駆除していかないと、再発の可能性があります!

 

毎日せっせとスミスリンシャンプーだけを使っていてもダメなのです!

 

シーツやカバーについたアタマジラミは、まだ生きているのですから、熱湯消毒をして、ちゃんと殺虫する必要があります。

 

でも中には、自分の頭皮についたアタマジラミのことだけを気にして、寝具や床に落ちたアタマジラミのことを軽視している人が多いのです!

 

しかし、それでは、アタマジラミを完治させることが難しくなってしまいます。

 

やはりアタマジラミは、床やシーツにまで落ちたものまでしっかりと処分してこそ、完治と言えます。

 

家の中にアタマジラミがゴロゴロとと落ちている状態では、いつ再発するかわかったものではありません!

 

アタマジラミ010