アタマジラミ患者との接触は注意!

 

アタマジラミがどこから来るのか、不思議ですよね。

 

アタマジラミは不衛生が原因ではなく、アタマジラミの感染者との接触が原因と言われています。

 

そのためどこからアタマジラミが来たのかというと、『身近なところにアタマジラミの感染者がいた』ということだけは、はっきり言えます。

 

でも、アタマジラミの犯人探しは、保護者内でも、やっぱり雰囲気が悪くなるので、あんまり良くないなって思います。

 

でもそれを言ったら、働いている友人からは、「それはあなたが仕事をしていないからだよ!」と言われてしまいました。

 

というのも、やっぱり共働きでフルタイムの正社員の仕事をしている人からしたら、子供がアタマジラミに感染してしまうというのは、やっぱりそれだけアタマジラミの治療に取られる時間が多くなるので、働くお母さんからしたら、すごい負担だって言いますね。

 

アタマジラミになってしまうと、感染者が使った枕カバーやシーツは、基本的には毎日交換しないと、再感染の可能性がありますので危険ですし。

 

床に落ちたアタマジラミだって、掃除機でしっかり駆除しないと、2、3日は生きているので、感染の可能性が残ります。

 

仕事も家事も終わった後に、まだアタマジラミの駆除があるとなると、やっぱりしんどいですよね。

 

アタマジラミ016