アタマジラミは人の頭以外にもいる!? 

 

アタマジラミは他人からもらってしまうことが大半だそうです。

 

しかし、アタマジラミというのはその名前の通り、人間の髪の毛にいる寄生虫です。

 

となると、アメリカなどの欧米諸国ならともかく、髪の毛同士がくっつくレベルのスキンシップをする機会がとても少ない日本ではアタマジラミなど縁遠いものなのではないでしょうか?

 

しかし、実際のところアタマジラミに寄生されてアタマジラミ症を患う人は、季節年齢問わず日本には常に一定数いるそうです。

 

なぜなら、アタマジラミは人の頭以外にもいるからです。

 

例えば、既にアタマジラミ症を患っている人の着ていた服や、使っていたタオルやシーツ、枕カバーなどの布類。

 

そうした場所にもアタマジラミが落ちて点在しているため、頭を乗せたり髪を拭いたりすると、すぐに寄生されるみたいです。

 

また、洗濯を介して他の衣服などに付着することもあるのだとか。

 

そのため、アタマジラミ症の人が家庭内に1人でもいる場合は、すぐに他の家族にも感染が拡大する危険性が高いと言われています。

 

そこで、感染拡大を防ぐために、アタマジラミ症の人が使用した服やタオルなどは、洗濯前に熱湯消毒するのが重要とのことでした。

 

アタマジラミに気を付けるって、意外と大変なんですね。

 

アタマジラミ004