頭じらみになると困る職種

 

頭じらみになって一番困るのは飲食店とか、高級ホテルで働いている人だと思います。

 

感染症とか、一番気にする業界ですよね。

 

万が一、お客様に感染させてしまったり、不快な思いをさせてしまったら、会社の大きな信用問題に発展しかねません。

 

そのため、飲食店や、高級ホテルなどで働いている人は、頭じらみになってしまった時には、完治するまでの間、仕事のことを会社に相談しておく必要があります。

 

やはり会社に迷惑をかけたくないっていう気持ちがありますよね。

 

特に頭じらみなんて、不潔な印象があるので、人には言いたくないです。

 

でも、会社でどうしても迷惑をかけてしまう可能性がある感染症なので、やはりそういう場合は、会社へ報告が大事だと思います。

 

こういう感染症などを隠したまま勤務していると、バレた時に『信用』を失ってしまいます。

 

感染症のような病気を黙って出勤し、周りに迷惑をかけた時に、ようやく白状するっていうのは、やはり同僚や上司、顧客からしたら、いい迷惑です!

 

当然、人の気持ちが離れてしまいます。

 

黙っているというのは、「恥かしい気持ち」があるからかもしれませんが、それは自分の保身です。

 

他人へ感染させないという配慮が足りない行為です。

 

アタマジラミ013

 

子供のアタマジラミはしらみ取りをしよう!

 

子供がアタマジラミになってしまった場合、親がしっかりしらみ取りをしてあげる必要が出てきます。
主にスミスリンシャンプーでは効果がないと言われている、アタマジラミの卵については、しらみ取りが効果的です。
アタマジラミの探し方としては、やはり髪をかき分けて、根元の方を見てみましょう。

 

アタマジラミは毛先に卵を産むことは少ないです。
しっかりと髪の根元に卵を産みつけていることが多いので、まずは根元をチェックします。
特にアタマジラミの探し方のポイントとしては、耳の後ろです。

 

耳の後ろは、アタマジラミがよく卵を産みつけている場所として多いので、必ずチェックするようにしましょう!
アタマジラミに感染していると、非常に面倒ですが、スミスリンシャンプーだけではアタマジラミが駆除できないことも多くなっているので、シラミ取りやブラッシングによる駆除も大事になってきます。

 

特に子供の場合は、親が手伝ってあげないと、なかなかアタマジラミが駆除できません。
動物の世界でも、親が子供のノミ取りをしている姿って、よく見られますよね。

 

人間も、子供がアタマジラミになってしまったら、子供の面倒を見てあげないと、やはりなかなか駆除できません。

 

アタマジラミ0037