子供の頭じらみ症は予防不可?

 

子供が保育園や幼稚園で頭じらみをもらって帰ってくる、そんな親御さんの悩みは、現代でも常に一定数あるそうです。

 

最初それを聞いた時は、保育園や幼稚園でも衛生管理がしっかりしていない所があるのか、と驚いたのですが、どうもそれは勘違いみたいです。

 

なんでも、頭じらみと衛生状態は何の関係も無いらしくて。

 

そのため、どんなに衛生状態がしっかりしていても、頭じらみ症を患った子供が1人でもいる場合は、周りの子供もそれに感染してしまう危険があるそうです。

 

しかし、それは何も子供だけの話ではないと思います。実際、頭じらみは年齢層問わず誰にでも寄生するみたいですから。

 

ただ、子供の場合は、髪の毛が触れ合うレベルのスキンシップをする機会が多いため、頭じらみ症になる危険性も高いみたいです。

 

つまり、そのスキンシップの最中に、頭じらみが髪の毛から髪の毛に移動して、他の人にも寄生してしまうんですね。

 

そのため、子供の頭じらみ症を予防するのは難しいと言われています。

 

そこで、子供に頭じらみ症と思われる症状が出たらすぐに頭皮をチェックして頭じらみがいないか確認し、見つけた場合は痒みがひどくなる前に専用の薬用シャンプーで洗浄するという方向性にした方が良いそうです。

 

アタマジラミ001

 

アタマジラミの駆除に使われるオイルとは?

 

アタマジラミになった場合、コインランドリーを使うと効率良く洗濯やアタマジラミの予防対策ができます。
アタマジラミになると、毎日寝具などの交換が必要になりますので、洗濯物が一時的に増えます。
ちょっと小さめの洗濯機を使っている場合は、洗濯物を何回も回さないといけなくなってしまい、大変になることもあります。

 

そのため、アタマジラで洗濯が大変だと感じた時には、大容量の洗濯機や乾燥機があるコインランドリーもおすすめです。
また、アイロンがけも有効です。

 

人間の頭に残っているアタマジラミに対しては、オイルをしみこませてアタマジラミを弱らせたり、ドライヤーの熱を嫌がるので、ドライヤーをしっかり当てることも有効とされています。
ただ、頭皮にいるアタマジラミの卵については、熱湯をかければ頭皮が火傷してしまいますし、ドライヤーを長時間当てると髪がダメージを受けるので、卵の駆除は難しい部分があります。

 

そのため、オイルによるアタマジラミの弱体化が非常に有効な手段になってきます。
スミスリンシャンプーだけでは駆除が難しいと感じた場合は、特にオイルを上手く利用すると、駆除しやすくなるので、ティーツリーオイルや椿オイルなどで試してみましょう。

 

アタマジラミ0021